尾崎駅の復旧運転再開はいつ?設置スロープの難波和歌山への乗車方法

9月4日に発生した台風21号で被災し閉鎖中の南海電鉄・尾崎駅の運転再開時期、運転再開後に設置されるホームに渡るためのスロープの各方面(難波・和歌山)への乗降車の方法をわかりやすく解説します。

スポンサーリンク



南海・尾崎駅の運転再開はいつから?

南海電鉄の”公式”サイトを確認したところ、

尾崎駅の営業再開日は、2018年9月11日(火曜日)初列車より

尾崎駅の運転再開は9月11日(火曜日)の始発列車から、難波、和歌山市行きの両方面の運転が再開されます。

運転再開後の電車への乗車方法は?

尾崎駅は火災被害により現在、駅改札口・券売機・ホームへ降りるためのエレベーター、エスカレーター、階段などがすべて使えない状況となっております。そのため、

運転再開後はホームへの「応急スロープ」が設置されます。(海側、山側の2箇所)

運転再開後は、このスロープを利用してホームへ上がります。

チェック!スロープ設置位置の確認はこちら【南海電鉄公式・最新版】

スポンサーリンク



尾崎駅の運転再開後に注意しておきたいこと

尾崎駅の運転再開後に、特に注意しておきたいことをまとめておきます。

ホーム間の移動が出来ない(2018.10.1更新あり)

1番不便なことは、スロープで難波方面と和歌山方面のホーム間の行き来が出来ないという点です。

現時点(2018.10.1現在)、ホーム間の移動は可能になっています。

なお、ホーム間の移動は階段のみで、エレベーターは利用不可となっておりますのでご注意を。(車いす利用の方など)

ダイヤの変更、乗り換えなど

応急スロープ設置にあたり1番線と4番線の使用を停止して、スロープが設置されます。

通常であれば普通列車から急行、サザンへの待ち合わせや乗り換えがありますが、1番線と4番線がつぶれることからダイヤが変更になるかと思われます。

運転再開時は、ダイヤの変更に十分注意してご利用ください。

チェック!南海本線尾崎駅の営業について【最新版】

臨時出入り口への入出場について

ICカード、IC定期券をお持ちの方(PiTaPa、ICOCAなど)

スロープを上ったところにICカード専用改札機が用意されていますので、タッチして入場してください。

磁気定期券、回数券をお持ちの方

①出入り口にいる駅員さんから「乗車駅証明書」を受け取って下さい。

②駅に着いたら、お手持ちの磁気定期券や回数券と乗車時に受け取った乗車駅証明書を改札機に2枚重ねて投入してゲートを出場してください

切符の購入方法について

①乗車時、臨時出入り口にて駅員さんから「乗車駅証明書」を受け取ってください。

②駅に着いたら、精算機に受け取った乗車駅証明書を投入し「精算券」を発券してください。

③発券された精算券を改札機に投入して出場してください。

チェック!尾崎駅の臨時改札口について【南海電鉄公式・最新版】

まとめ

・南海・尾崎駅の運転再開は、9月11日(火曜日)の始発列車から

・運転再開後はホームへ上がるためのスロープが設置される(海側、山側の2箇所

ダイヤの変更、乗り換えなど運転再開時、要確認を。

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。